「文学の香り 太宰治」ヴィジュアル
Image by: ソニー

Lifestyle

太宰治「人間失格」をイメージした香り、ソニーのアロマディフーザー新シリーズから発売

「文学の香り 太宰治」ヴィジュアル
Image by: ソニー

 ソニーが展開するコンパクトサイズのアロマディフーザー「アロマスティック(AROMASTIC™️)」から、新シリーズ「香りのエンタテインメントシリーズ」が登場する。第1弾は文学をテーマにした専用カートリッジ「文学の香り 太宰治」を展開。6月19日からソニーの公式オンラインストアなどで販売する。

 同商品は、青森県および青森県五所川原市などで構成されている「太宰治生誕110年誘客促進実行委員会」とのコラボレーションで実現。主人公の大庭葉蔵が初恋の相手であるツネ子を思い出して泣いているシーンや、記者のシヅ子の家での居候生活をやめたシーン、病院に入院したシーンなど作品の5つのシーンにそれぞれ着想した香りを収め、香りとともに「あの時、主人公は何を感じていたのか」を感じられる商品になっているという。カートリッジの価格は2,980円。アロマスティック本体の価格は3,980円(いずれも税別)。

■香りのエンタテインメントシリーズ:公式ページ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング