Technology

グーグルがスタートアップを支援、渋谷に「Google for Startups Campus」を開設へ

イメージ図 Image by Google
イメージ図
Image by: Google

 グーグル(Google)が日本におけるスタートアップ支援の取り組みとして、渋谷ストリームに「Google for Startups Campus」を年内に開設することを発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 Google for Startups Campusはスタートアップの拠点として、ロンドンやマドリード、サンパウロ、ソウル、テルアビブ、ワルシャワに展開。アーリーからグロースステージのスタートアップを対象に、コミュニティーの構築やメンターシップといった学びと成長の場を提供する。ワークスペースやコラボレーションエリア、イベントスペース、会議室などを備えるほか、コミュニティーで開催されるイベントや初期段階のスタートアップ創業者への研修プログラムを運営するなど有望なスタートアップが世界で活躍できるよう支援するという。

 また、Googleの製品やサービスに加えて、ネットワークおよびベストプラクティスなどを提供するプログラム「Google for Startups Residency Program」を用意。プログラムに参加する各スタートアップは、Google for Startups Campus内にワークスペースを持ち、メンター制度を活用することができる。参加を希望するスタートアップの募集はGoogle for Startups Campus開設後を予定している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング