2019年秋冬コレクション
Image by: ル・ワークウェア

Fashion

デニム界のヒットメーカー、本澤裕治がプロデュースする「ル・ワークウェア」がデビュー

2019年秋冬コレクション
Image by: ル・ワークウェア

 本澤裕治がプロデュースするデニムのワークウェアブランド「ル・ワークウェア(Le Workwear)」が、2019年秋冬シーズンにデビューする。ファーストコレクションは梅田阪急や伊勢丹のスライス オブ ライフ(Slice Of Life)で、7月15日ごろから順次販売される予定。

 本澤は「エドウイン(EDWIN)」の定番でもある「503」の製作や「リーバイス®(Levi's®)」の代表モデル「501」のデザインに携わった経験を持つ。現在は「レッドカード(RED CARD)」や「ウォードブルー(woadblue)」といったデニムブランドのディレクションを手掛けている。

 新ブランドではワークウェアのディテールを取り入れ、動きやすく着心地の良いデニムの商品を販売。テーマに「VINTAGE(=ヴィンテージ)」「UTILITY(=実用性)」「COMFORT(=快適さ)」を掲げ、1920年代から近年までのデザインを現代に合ったスタイルにアップデートする。

 デビューコレクションでは現代の女性に向けたリアルクローズを提案。実用的で日常のコーディネートに取り入れやすいデザインやスタイルに仕上げたつなぎ、コート、サロペット、スカート、パンツなどを展開する。購入者にはPVC素材のオリジナル手提げ袋に包んで商品を受け渡すという。

■ル・ワークウェア:公式サイト

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング