AIアナウンサー「荒木ゆい」を活用する様子
Image by: 玉川髙島屋 S・C

Business

玉川高島屋S・C、ショッピングセンター初となるAIアナウンサーを館内アナウンスに起用

AIアナウンサー「荒木ゆい」を活用する様子
Image by: 玉川髙島屋 S・C

 玉川高島屋ショッピングセンター(以下、玉川高島屋S・C)は、Specteeが開発し、ソニービジネスソリューションが提供するAIアナウンサー「荒木ゆい」を館内アナウンスに起用した。

 AIアナウンサーは原稿をパソコンからテキスト入力するだけで、音声データが生成されるボイス・プラットフォーム サービス。玉川高島屋S・Cは働き方改革の一環として導入を決めたといい、ショッピングセンターでは全国初の試みとなる。

 これまで玉川高島屋S・Cの繁忙期には30分毎に肉声で3〜4種類の案内を館内放送をしていたが、アナウンス内容は毎日異なるため、録音をする事が出来ず、インフォメーション係の大きな業務負担になっていた。また肉声による放送を行うためにインフォメーション係1人あたりに約12時間の教育を要していた。荒木を館内アナウンスに起用したことにより、インフォメーション係の業務負担が大幅に軽減。また各人による発音やアクセント等の違いが無くなることで、顧客にとってもより聞き取りやすく、より分かりやすい案内を可能にした。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング