TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT

Art

全国の若き匠の作品を集めた展覧会が京都で開催、隈研吾や谷尻誠とのコラボ作品を初公開

TAKUMI CRAFT CONNECTION -KYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT

 「レクサス(LEXUS)」が、「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を通じてサポートしてきた若き匠の作品を紹介する展覧会「TAKUMI CRAFT CONNECTION ーKYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」を京都市と共同で開催する。会期は11月29日から12月1日までの3日間。

 LEXUS NEW TAKUMI PROJECTは、地域の特色や技術を活かしながら次世代の伝統工芸に挑む日本各地の若き匠をサポートするプロジェクト。展覧会は同プロジェクトのスーパーバイザーを務める小山薫堂が総合監修を、建築家の隈研吾が会場と展示空間の演出を担当し、2016年の開始以来プロジェクトに参加した約150人の匠が手掛けた作品を一堂に集めて展示する。また、匠と世界で活躍するクリエイターによるコラボレーション作品やインスタレーションを初公開。隈研吾、「ソマルタ(SOMARTA)」のデザイナー廣川玉枝、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」デザイナーの森永邦彦、クリエイティブディレクターでデザイナーの辰野しずか、建築家の谷尻誠ら著名クリエイターが参加する。

■TAKUMI CRAFT CONNECTION ーKYOTO by LEXUS NEW TAKUMI PROJECT 〜47都道府県150人。若き匠の技と感性が交わる3日間。〜
会期:2019年11月29日(金)〜12月1日(日)
会場:京都新聞ビル 地下1階、平安神宮 額殿
参加クリエイター:隈研吾、廣川玉枝、森永邦彦、辰野しずか、谷尻誠
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング