前回パリで発表した「Mame Kurogouchi」2019-20年秋冬コレクションより
Image by: Mame Kurogouchi

Fashion

2020年春夏パリファッションウィークの日程発表、「マメ」がトップバッターで公式初参加

前回パリで発表した「Mame Kurogouchi」2019-20年秋冬コレクションより
Image by: Mame Kurogouchi

 2020年春夏パリファッションウィークの暫定スケジュールが発表された。黒河内真衣子手掛ける「マメ(Mame Kurogouchi)」が、公式スケジュールのトップバッターとして初のランウェイショーを開催する。ファッションウィークは9月23日から10月1日までの期間で行われる。

 マメは2018年秋冬2019年春夏の2シーズンを「FASHION PRIZE OF TOKYO」による支援のもとで、そして今年3月の2019年秋冬コレクションは単独でいずれもプレゼンテーション形式で新作を発表してきた。初の公式ランウェイショーは、現地時間9月23日の18時から開催される。同日はバレンシアガ出身の韓国人デザイナーKiminte Kimhekimによる「KIMHEKIM」、2回目のショーとなる「ロク(ROKH)」などの若手ブランドがマメに続いてショーを行う。マメ、KIMHEKIMに加え、前回オフスケジュールでショーを開催した「カイダン エディションズ(KWAIDAN EDITIONS)」の3ブランドが公式ランウェイスケジュール初参加ブランドとなる。

 また、2018年にLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン グループが買収し、デザイナー ギョーム・アンリ(Guillaume Henry)のもと再始動する老舗メゾンの「パトゥ(PATOU)」のほか、2シーズン目を迎える元クレージュのデュオデザイナーが手掛ける「COPERNI」が、プレゼンテーション形式で新作コレクションを発表する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング