Image by: Courtesy of Coach

Fashion Promotion

「コーチ」2019年フォールキャンペーンはユルゲン・テラーが撮影、水原希子ら出演

Image by: Courtesy of Coach

 「コーチ(COACH)」が、フォトグラファーのユルゲン・テラー(Jeurgen Teller)によって撮影された2019年フォールキャンペーンのヴィジュアルを公開した。

 今回のキャンペーンには、コーチの顔を務める俳優のマイケル・B・ジョーダン(Michael B. Jordan)や水原希子をはじめ、新アンバサダーに就任したリウ・ウェン(Liu Wen)、ヤラ・シャヒディ(Yara Shahidi)、ジェマイマ・カーク(Jemima Kirke)、ロロ・ズーアイ (Lolo Zouaï)、マイルズ・ハイザー (Miles Heizer)らが出演。セントラルパークやマンハッタンフェリー、ブルックリンブリッジなど、コーチが拠点を置くニューヨークを象徴する場所にグローバルキャストを集めて撮影された。「タビー」ショルダーバッグや「トループ」トート、「リビングトン」バックパックなど秋の新作バッグにスポットライトを当てたヴィジュアルに仕上がっている。

 コーチのクリエイティブ・ディレクターを務めるスチュアート・ヴィヴァース(Stuart Vevers)は、ユルゲン・テラーの起用について次のようにコメント。「直感でユルゲンを選びました。彼は僕が望んでいる温かく、気取らない、プレイフルなスピリットを生み出すことができる人。被写体独自の本質を捉えることで知られている彼なら、今回のキャストの人間性や本当の個性というものを引き出すことができると考えました。ニューヨークの私の自宅にある彼のポートレートは、斬新で、私のコーチに対する進化されたビジョンや、コーチの特徴である、インクルーシブで悪びれず、自由な精神を持つブランドというものを語りかけてくれるんです」。

 ユルゲン・テラーの他、スタッフ陣にはスタイリストのベニシア・スコット(Venetia Scott)、メイクアップアーティストのディック・ページ(Dick Page)、ヘアスタイリストのクリスティアーン(Christiaan)を起用。なお、ヴィジュアルに合わせて映像監督のトッド・トーソ(Todd Tourso)が手掛けたムービーが公開されている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング