ロジャー・フェデラー選手
Image by: ユニクロ

Fashion

ユニクロがフェデラー選手と錦織選手のゲームウェアのレプリカ新作発売、全米オープンで着用

ロジャー・フェデラー選手
Image by: ユニクロ

 「ユニクロ(UNIQLO)」は、同ブランドのグローバルブランドアンバサダーを務めるテニスプレイヤーのロジャー・フェデラー(Roger Federer)選手と錦織圭選手が「全米オープン テニス 2019」で着用するゲームウェアのレプリカを8月19日に発売する。ユニクロの一部店舗と公式オンラインストアで展開される。

 新作はこれまで発売してきたレプリカモデルと同様に、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)が率いるユニクロパリR&Dセンターのデザインチームが製作し、生地には肌面の特殊なアーチ構造により高い吸汗速乾性を備えた東レとの共同開発による高機能素材「ドライ EX」を採用。ポロシャツ(2,990円)やショートパンツ(2,990円)、テニスリストバンド(790円)、テニスソックス(790円)などラインナップする。 

 フェデラー選手のモデルは、タキシードからインスピレーションを得てトップスとボトムスをともにブラックで配色。襟は同選手が好んでいるという小さめのスタンドカラーを採用した。錦織選手のモデルではブルーやオレンジ、ピンクといった鮮やかなカラーを組み合わせ、襟や袖裾、カラーブロックの境目にアクセントとしてブラックを取り入れた。トップスとボトムスをそれぞれ2種類ずつ用意するほか、テニスキャップ(2色、各1,990円/すべて税別)を発売する。

■ユニクロ:テニス特集サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング