Image by: ZARA/FASHIONSNAP.COM

Fashion

「ザラ」アップサイクルコットンを使用した初の再生デニムコレクションを発売

Image by: ZARA/FASHIONSNAP.COM

 「ザラ(ZARA)」が、環境配慮型の素材で生産した同社の認証ラベル「JOIN LIFE」から、初の再生デニムコレクション「DENIM FROM DENIM」を発売した。

— ADの後に記事が続きます —

 ザラを展開するインディテックス社はグループを全体でサステイナブル施策に注力している。先日発表されたサステナビリティに関する中長期計画では、2020年までに「JOIN LIFE」の商品の割合を、全体の25%まで高めるほか、コットン、リネン、ポリエステルなどは2025年までにオーガニック、サステイナブル、もしくはリサイクル素材に全て変更することを発表している。現在、ザラの店舗でも商品全体の約20%はいずれかに該当する素材を使用したサステイナブルなアイテムだという。

 「DENIM FROM DENIM」では、店舗での古着回収などで集められたデニムを細かく断裁したリサイクルコットンと新繊維を混合したアップサイクルコットンを使用。ハイライズやボーイフレンドジーンズなど5モデルを展開し、価格帯は通常のラインナップと変わらず4,990円〜7,990円程度となっている。ザラでは「JOIN LIFE」のラインナップを拡充しており、現在はデニムをはじめ、シャツやジャケットなどベーシックアイテムを販売。消費者に簡潔に伝えられるよう商品タグを「CARE FOR FIBER」「CARE FOR WATER」「CARE FOR PLANET」の3カテゴリーに区分し、サステイナブル素材の使用割合などを表記しているほか、オーガニックコットンの農家を支援する取り組みである「オーガニックコットンアクセラレーター(Organic Cotton Accelerator)」とのパートナーシップの元、専門家によるトレーニングやフォローアップなどの支援を受けるインドのコットン農園で働く生産者をウェブSNSで紹介するなどして、生産背景の透明性を高めている。

 デニムコレクションを含む「JOIN LIFE」は、新宿店と渋谷宇田川町店をはじめ、一部を除き他店舗でも展開しており、今後は継続したコレクションとして常時ラインナップしていくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング