Image by: ナマチェコ

Fashion

「ナマチェコ」からゴッホ、ムンク、デ・クーニングの絵画に着想したニットが登場

Image by ナマチェコ
Image by: ナマチェコ

 「ナマチェコ(NAMACHEKO)」が、2019年秋冬コレクションから、著名な絵画作品に着想したニット「REZYANE KNIT」を発売した。国内で南青山のアデライデ(ADELAIDE)やビームス 原宿、リステア(RESTIR)、グレイト(GR8)などで取り扱っている。

— ADの後に記事が続きます —

 ニットは、フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の「星月夜」、エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch)の「叫び」、ウィレム・デ・クーニング(Willem de Koonin)の「女性」のカラーパレットを、マーブル状に落とし込んだ3種類をラインナップ。スーパーキッドモヘアをジャカード織りの技術で耐久性を高めつつ接着し、モヘアの繊細なブラシストロークタッチに、フラットベッドプリント技術を活用することでカラー同士の繋ぎ目を無くして色鮮やかな絵柄を再現した。価格は各税別12万9,000円。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング