KANAKO
Image by: アディクション

Beauty

「アディクション」クリエイティブディレクターAYAKOの後任が決定、NY拠点に活動するKANAKOが就任

KANAKO
Image by: アディクション

 メーキャップアーティストブランド「アディクション(ADDICTION)」が、新たなクリエイティブディレクターにメーキャップアーティストKANAKOを起用した。2020年スプリングコレクションから手掛ける。

— ADの後に記事が続きます —

 同ブランドはニューヨークを拠点に世界で活躍する日本人メーキャップアーティストAYAKOをクリエイティブディレクターに起用し、2009年7月に創業。今年3月に契約満了としてAYAKOが退任した。

 KANAKOは世界的なメーキャップアーティスト パット・マグラス(Pat McGrath)のインターンなどを経て独立。2017年に「Dazed 100」、2018年には「BoF 500」に選ばれるなど、世界的に注目を集めている。「サンローラン(SAINT LAURENT)」や「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」といった様々なブランドの広告キャンペーンやショーのバックステージを担当した経験を持つ。

 アディクションはブランドの商品開発力および技術力と、同氏のグローバルな感性を融合することでブランドを強化し、国内外のサービスの拡充を進めるという。また、同氏によるデビューコレクションから、東京発のブランドとしてのグローバル展開の成長に向けて、プロダクトに新たなロゴ「ADDICTION TOKYO」を採用する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング