Fashion

バレンシアガ出身の韓国人デザイナー手掛ける「KIMHĒKIM」パリコレで初のショー

「KIMHĒKIM」2020年春夏コレクション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 韓国人デザイナーのKiminte Kimhekimが手掛ける「KIMHĒKIM」が9月23日、パリファッションウィークの公式スケジュールで初のランウェイショーを開催し、2020年春夏コレクションを発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 デザイナーのKiminte Kimhekimは、2009年にパリのファッションデザイン学校 ステュディオ・ベルソー(Studio Bercot)を卒業。その後「バレンシアガ(BALENCIAGA)」で経験を積んだ。自身のブランドとして2014年に立ち上げた「KIMHĒKIM」では、ボウモチーフやピンク色を多用するなどガーリーな世界観を提案。極端に大きいボウがついたシューズなどインパクトのあるヴィジュアルがSNSを中心に拡散され、米女優エル・ファニング(Elle Fanning)がレッドカーペットで着用するなどグローバルで注目を集めている。

 2020年春夏コレクションのテーマは「ME」。セルフィー棒を片手に自撮りしながら歩くモデルや、ロゴやメッセージがプリントされたTシャツなどを通して"目立ちたがり屋"な人物像をアピールした。地面に引きずるほどのオーバーサイズで仕立てられたシャツやジャケット、レンズに大胆にロゴが入ったサングラス、ブランドタグが全面に縫い付けられたブーツやジャケット、巨大なボウといった、過剰で大げさなディテールが多くのアイテムに取り入れられた。

パリ現地で取材中のFASHIONSNAP.COMチームによる最新情報は特設サイトで更新中!

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング