公式サイトより
公式サイトより

Fashion

「洋服の青山」大規模な価格改定を実施、約8割の商品の表示価格を引き下げ

 青山商事が、10月1日から全国の「洋服の青山」で価格表示の大規模な改定を実施することを発表した。

公式サイトより
公式サイトより
— ADの後に記事が続きます —

 今回の価格改定ではメンズスーツ(4万9,000円→2万9,000円)、ドレスシャツ(4,900円→3,900円)、レディススーツ上下(2万8,000円→2万3,000円/いずれも税別)など、商品全体の約8割の価格を引き下げる。店頭で販売している一部の商品は既に改定済みで、9月30日の営業終了後にすべての改定が完了する予定だ。

 同社は、価格改定実施の背景について「近年のオフィスウェアのカジュアル化に加えて、カスタマイズ化やショールーミング化など世の中の消費行動が大きく変化する中で、当社はスーツ業界のリーディングカンパニーとして、スーツ業界の新しい道筋を示すとともに、よりお客様から支持される企業となるための「変革」に取り組んでいきます。 今回の大規模な価格改定をきっかけに、『より良いものをより安く』という創業当時の理念に立ち返ります」と説明。ビジネスウェアに対する消費マインドの低下や価格競争の激化などに対応するために行った「クーポン半額セール」などの極端な割引により、分かりづらく複雑化していたこれまでの価格表示をやめ、"わかりやすく安心できる価格表示"に一新するという。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング