Fashion

パタゴニアの防水性アウターウェア全製品がリサイクル素材に、2019年秋冬から

Image by: パタゴニア

 パタゴニアが、2019年秋冬シーズン以降に販売する防水性アウターウェア(以下、シェル)の全製品において、100%もしくは高い比率でリサイクル素材を使用し製造、販売すると発表した。

 同社はすべての製品をリサイクル素材で製造するという目標を掲げ、1990年代からバージン化学繊維素材をリサイクル素材に切り替える取り組みを開始。1993年には世界初となるリサイクルペットボトルから作られたフリースを販売し、現在まで300種類以上の製品をリサイクル素材に切り替えてきた。

 今回の発表で対象となるのは、アルパイン、スノー、スポーツウェアの防水性シェル全製品。10月10日の今日公開した特設サイト「フットプリント・クロニクル:なぜリサイクルなのか?」では、パタゴニアの現在の取り組みと今後の展開をドキュメンタリー形式で紹介している。

 今後も必要なもの以外には新たな資源消費を生み出さないライフスタイルを実現するため、同社は2025年までに全ての製品を再生可能素材またはリサイクル素材で製造することを目指す。

■パタゴニア:特設サイト「フットプリント・クロニクル:なぜリサイクルなのか?」

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング