senken plus

カジュアルメーカーの志風音が「ディーゼル」のランドセルを販売

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

カジュアルメーカーの志風音(東京、西村健太社長)は、伊のカジュアルブランド「ディーゼル」とライセンス契約を結び、20年3月からランドセルを販売する。

デザインはディーゼルのクリエイティブチームと志風音が共同で行う。ランドセルは素材に人工皮革「クラリーノ」を使い、同ブランドの特徴であるスタッズを配したラインやブランドを表記したジャカードテープ使い、エンボス加工の3シリーズを出す予定だ。

ランドセル本体のフラップ(かぶせ部分)に取り付けるランドセルカバーも発売する。

予定価格はランドセルが8万1000~9万5000円、ランドセルカバー未定。

百貨店を中心に、ディーゼルキッズ国内直営店、セレクトショップ、ディーゼル公式オンラインストア、志風音オンラインストアなどで販売する。

ディーゼルのライセンシング・クリエイティブ・ディレクターのアンドレ・ロッソ氏は「日本の小学生がランドセルを背負っていて、好印象であり興味を持った。協業でコレクションを出せてうれしい」と話す。志風音の西村社長は「子供たちは国民、家族の宝。ランドセルは愛と絆の証としての存在」との考えで、両者の思いが一致、ライセンス契約した。

志風音が発売する「ディーゼル」ランドセル

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング