Image by: 展覧会「名前のないコト」

Art

東海林広太と白濱イズミの展覧会「名前のないコト」が代官山で開催

Image by: 展覧会「名前のないコト」

 写真家の東海林広太と、ラブリの名義でモデル活動するアーティスト白濱イズミがコラボレーションした展覧会「名前のないコト」の巡回展が、代官山のALで開催する。会期は10月24日から27日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 東海林はファッションスタイリストの経験を積んだ後、2014年から写真家としての活動をスタート。「イェーライト(YEAH RIGHT!!)」や「レミ レリーフ(REMI RELIFE)」といったファッションブランドのヴィジュアルを手掛けるほか、香港やアムステルダムの展示企画に参加するなど国内外に活躍の場を広げている。白濱はラブリとして雑誌やTVなどのメディアで活動。その一方で、アーティストの白濱イズミとして自身の世界観を表現した詩や写真、絵画、絵本といった作品を発表している。

 同展では「均一化」をテーマに、新作を含む写真作品や映像作品を展示。会場ではプリント作品が販売されるほか、10月26日にはトークイベントも開催される予定だ。

■名前のないコト
会期:2019年10月24日(木)〜10月27日(日)
場所:AL
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-7-17 1階
時間:12:00〜19:00
入場料:無料
公式サイト

■トークイベント
開催日:2019年10月26日(土)
時間:19:00〜
入場料:2,000円 ※要予約

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング