Fashion

マラミュートのクリエイションの裏側を探る「knit maker展」開催、新作のストールグローブを販売

メインヴィジュアル

 小高真理が手掛ける「マラミュート(malamute)」のモノづくりにフォーカスした展覧会「knit maker展」が、10月24日から11月5日までコンセプトショップ「ハウス@ミキリハッシン」で開催される。

— ADの後に記事が続きます —

 同展は「ハンド」「テクスチャー」「テクニック」「トライ」の4セクションから構成。過去に発表した作品や、複雑なテクスチャーを表現するために構築したプログラミングデータ、小高本人がiPhoneで撮影した生産工場の写真など、モノづくりの裏側からニットに特化したマラミュートの活動を掘り下げる。

 また、1888年から続く手袋産地である香川県の手袋企業によって結成された実験的なプロジェクト「香川手袋」と共同で、同展のために制作したニットアイテムを発売。ストールやグローブとして使える2way仕様で、マラミュートを代表するニットテクニックであるジャカード編みをベースに華やかさを表現したフラワーパターン(1万9,000円)と、複数の定番模様をアランニット調に組み合わせたマルチパターン(2万1,000円/いずれも税別)の2型を用意する。

 このほか、2019-20年秋冬コレクションとアーカイブアイテムの展示販売や、最新の2020年春夏コレクションの一部商品の予約販売を行う。

■knit maker展
会期:2019年10月24日(木)〜11月5日(火)
会場:ハウス@ミキリハッシン
住所:東京都渋谷区神宮前5-42-1
営業時間:12:00〜21:00
電話番号:03-3486-7673
定休日:水曜日(祝日を除く)

■マラミュート:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング