Fashion

ユニクロが再び原宿エリアに、新施設「ウィズ ハラジュク」に大型店舗を出店

ロゴ
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、原宿駅前に開業する複合施設「ウィズ ハラジュク(WITH HARAJUKU)」に大型店舗を出店すると発表した。同施設の開業と同じ2020年春にオープンを予定。同ブランドが原宿エリアに出店するのは、フリース製品が全国に広まるきっかけとなった旧「ユニクロ原宿店」が2012年に営業を終了して以来、約8年ぶり。

— ADの後に記事が続きます —

 売場面積は約1,983平方メートルで、同施設の1階と地下1階の2フロアに出店。ユニクロの服のコンセプトである「LifeWear」を体感できる新しいタイプの大型店として展開し、メンズとウィメンズの商品を取り扱うという。

 ウィズ ハラジュクは、NTT都市開発がJR原宿駅前の複数の敷地を一体的に建て替えるプロジェクトを通じて開発。地下3階、地上10階建てで、ユニクロのほか「イケア(IKEA)」初の東京都心型店舗の出店が決定している。なお、同プロジェクトに伴い、敷地内に位置していたスポーツ用品店「ICI石井スポーツ」原宿店やスポーツセレクトショップ「オッシュマンズ(OSHMAN'S)」原宿店などが2017年2月下旬に閉店した。

■ユニクロ 原宿店
住所:東京都渋谷区神宮前1-14-14、59(地番)「WITH HARAJUKU」
売場面積:約1983平方メートル(地下1階、地上1階)
取扱商品:メンズ、ウィメンズ(予定)
オープン日:2020年春(予定)
WITH HARAJUKU:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング