2020年度のファイナリスト
2020年度のファイナリスト
Image by: THE WOOLMARK COMPANY

Fashion

「ウールマーク賞」ファイナリストにボッターなど10組、日本からはノミネートならず

2020年度のファイナリスト Image by THE WOOLMARK COMPANY
2020年度のファイナリスト
Image by: THE WOOLMARK COMPANY

 ザ・ウールマーク・カンパニーが開催するデザインコンテスト「インターナショナル・ウールマーク・プライズ(International Woolmark Prize、以下IWP)」の2020年度ファイナリスト10組が発表された。

— ADの後に記事が続きます —

 IWPは旧IWS国際羊毛事務局が1953年に創設したウールのデザインコンテストで、当時無名だったイヴ・サンローラン(Yves Saint Lauren)とカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)を発掘したことでも知られる。

 ファイナリストに選ばれたのは「ア コールド ウォール(A-COLD-WALL*)」(イギリス)、「Richard Malone」(アイルランド/イギリス)、「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」(フランス)、「ゲーエムベーハー(GmbH)」(ドイツ)、「ボッター(BOTTER)」(オランダ)、「ボーディ(BODE)」(アメリカ)、「Matthew Adams Dolan」(アメリカ)、「ナマチェコ(NAMACHEKO)」(スウェーデン)、「Feng Chen Wang」(イギリス/中国)、「BLINDNESS」(韓国)の10組で、今年は日本からのノミネートがなかった。

 300を超える応募の中から選出された10組のファイナリストは2月に行われる最終審査会へ進み、メリノウールを使用した作品を業界の専門家で構成された審査委員に向けて発表する。諮問委員会にはデザイナーのマニッシュ・アローラ(Manish Arora)やドイツ版「ヴォーグ(VOGUE)」編集長のクリスティアーヌ・アープ(Christiane Arp)らが名を連ねる。最優秀賞の受賞者には賞金20万豪ドル(約1,500万円)が贈られる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング