アットコスメ監修のパウダールーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle

「渋谷駅東口地下広場」が初公開、アットコスメ監修のパウダールームは化粧品のテスター付き

アットコスメ監修のパウダールーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

 渋谷駅に「渋谷駅東口地下広場」が11月1日にオープンする。オープンに先駆けて10月30日の今日、内覧会が行われ、カフェやパウダールームなどが公開された。

— ADの後に記事が続きます —

 渋谷駅東口地下広場は、渋谷駅街区土地区画整理事業の一環として整備された場所で、渋谷駅宮益坂中央改札付近に位置する。渋谷スクランブルスクエア直結出口を含め、地上につながる出口を3ヶ所設置し、2020年6月には東口バス乗り場直結の出口を設ける。なお、10月28日をもって一時クローズした東口の都営バス定期券発売所は渋谷駅東口地下広場内に移転し、11月1日に営業を再開する。

 広場内には、トランジットジェネラルオフィスが運営を手掛ける「アップライト カフェ(UPLIGHT CAFE)」がオープン。メニューはフレンチレストラン「シンシア(Sincere)」のシェフ石井真介が監修し、サンドイッチ3種のほか、ヴィーガン対応のサラダや、スープなどをラインナップする。ドリンクはフルーツやハーブ、スパイスを組み合わせたミクソロジージュースを提供。また、ベイクショップブランド「パフズ(PUFFZ)」をショップインショップとして併設し、石井とトランジットジェネラルオフィスが共同開発したシュークリームなどを販売する。

 このほか公衆トイレやパウダールーム、ロッカーを完備。男女共用のパウダールームは「アットコスメ(@cosme)」を運営するアイスタイルが初めて監修した。4台の鏡を設置しており、各台のスケルトンのボックス内にはアットコスメ協賛ブランドが展開するコスメのテスターを用意。テスターはアットコスメのアプリをダウンロードし、バーコードをスキャンすれば無料で利用することができる。12月4日から提供し、2週間ごとにブランドを入れ替える予定となっている。なお、11月1日から12月3日までは24時間限定の化粧品ECスペシャルイベント「@cosme Beauty Day」の限定コスメを展示する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング