LV ハイトップ トレイナー
Image by: (C) LOUIS VUITTON

Fashion

ルイ・ヴィトンから世界9都市をイメージした「LV トレイナー」が登場、日本ではディープパープルのみ発売

LV ハイトップ トレイナー
Image by: (C) LOUIS VUITTON

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」が12月4日、限定エディションの「LV ハイトップ トレイナー」を世界各地の一部ルイ・ヴィトンストアで発売する。価格は税別18万7,000円。

— ADの後に記事が続きます —

 LV トレイナーは、メンズアーティスティックディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が初めてルイ・ヴィトンで手掛けたスニーカーで、バスケットボールシューズからインスピレーションを得てデザインされた。2019年春夏コレクションからシーズンごとに様々なカラーコンビネーションや素材で製作されている。

 今冬は、ブラックとグレーのカラーコンビネーションにホワイトのディテールを取り入れたハイトップのモデルを展開。従来のモデルと同様に、ヒール部分にモノグラム・フラワーをあしらい、舌革にルイ・ヴィトン マルティエ(Louis Vuitton Malletier)を表すLVMのレタリングを、サイドにヴァージルによる手書き風の「Louis Vuitton」の文字をそれぞれ配した。履き口のサイドにデザインされた「408」の数字はルイ・ヴィトンの誕生日である8月4日を表現しているという。本体にはモノグラム・キャンバスのタグが付属する。

 限定エディションでは世界9都市をそれぞれ表現する9色のシューレースを用意し、限定カラーとして各都市で販売。ヴァージル・アブローの故郷であるシカゴはオレンジ、ニューヨークは明るいブルー、ミラノは鮮やかなピンク、パリはベイビーブルー、ロンドンはサニーイエロー、ドバイはフォレストグリーン、上海はターコイズ、ソウルはレッド、東京はディープパープルを採用した。日本では松屋銀座店と表参道店でディープパープルのみを取り扱う。

■取り扱い店舗
・ルイ・ヴィトン 松屋銀座店
住所:東京都中央区銀座3-6-1
営業時間:10:00〜20:00
・ルイ・ヴィトン 表参道店
住所:東京都渋谷区神宮前5-7-5
営業時間:11:00〜20:00

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング