那須工場 外観
那須工場 外観
Image by: 資生堂

Beauty

資生堂が国内で36年ぶりに新工場を竣工、中高価格帯スキンケア製品の生産拠点に

那須工場 外観 Image by 資生堂
那須工場 外観
Image by: 資生堂

 資生堂が、国内で約36年ぶりとなる新工場「那須工場」を竣工し、12月24日から本稼動を開始する。新工場の稼働により、2022年度には最大1.2億個の生産能力が加わる見込み。

— ADの後に記事が続きます —

 栃木県大田原市に構える那須工場の土地面積は約11万平方メートルで、地上3階建て。需要が拡大している中高価格帯スキンケア製品の製造工場と位置付け、約350億円が投資された。資生堂の強みである高品質を実現するため、デジタル化されたライン管理や品質管理システム、loTなどの最新技術を導入。従来の工場にはない取り組みとして、女性目線でのワークプレイス改革を設計に取り入れ、食堂やトイレ・更衣室などにも働きやすい環境を整えたという。

 新工場で製造する化粧品には、水質が優れているとして工場地選定理由の1つにもなった大田原市の地下水をさらに精製したものを使用。また、栃木県のサポートのもと「とちぎふるさと電気」のCO2フリーの電力を活用し、環境に配慮した工場として運営を行っていく。2020年には地域の住民や顧客に向けた工場見学を開始する。

 資生堂は現在、国内外での化粧品需要拡大に対応しており、今後の成長性を確保するために、2020年度下期に大阪茨城工場、2022年度上期に福岡久留米工場を新たに稼働する予定だ。

■那須工場
住所:栃木県大田原市中田原906-6
土地面積:109,062平方メートル
建築概要:地上3階(鉄骨造)
生産品目:国内外向け中高価格帯スキンケア製品
生産能力:年間約1億2,000万個(2022年度見込み)
投資規模:約350億円
稼働開始日:2019年12月24日(火)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング