「ユニクロ」2020年春夏コレクションより
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion

「ユニクロ」20年春夏はパステルカラーで彩るコレクション、UTがアナ スイとコラボ

「ユニクロ」2020年春夏コレクションより
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、2020年春夏コレクションの展示会を開催した。前シーズンから引き続き「ワーク&クラフト」「ザ・アウトドア」「アート&デザイン」の3つのキーワードを掲げ、カラーパレットにはペールトーンのピンクやグリーン、パープルといった色を採用。シルエットはドロップショルダーやオーバーサイズなど、リラックス感がある緩やかな形を豊富に揃える。

— ADの後に記事が続きます —

 ワーク&クラフトではカジュアルな日常着をイメージし、リネンやコットンといった天然素材とデニムをメインに使用。ウィメンズはリネンのシャツやパンツ、ワイドデニムパンツ、リネンブレンドのニットなどが揃う。メンズからは新商品「ミラクル エア 3Dジーンズ」が登場。股下内側にゆとりを持たせるための別布を組み合わせることで立体的なシルエットになるようにデザインしており、東レとカイハラの3社で共同開発した軽量な生地を使用した。

 キャンプやフェスなどアウトドアシーンを想定したザ・アウトドアからは男女共通で、ブロックテック素材をより軽量にしたUV機能付きの「ライト ブロックテック コート」と、撥水機能を備え、洗濯機で洗える「ライト パテッド パーカ」を新たに発売。メンズでは「オーバーサイズド アノラック パーカ」や伸縮性に優れた「ウルトラストレッチ ジョガーパンツ」を、ウィメンズは吸汗速乾素材のドライEXを使ったトップスを初めて展開する。

(左)「ライト ブロックテック コート」(右上)「オーバーサイズド アノラック パーカ」(右下)「ライト パテッド パーカ」

 アート&デザインはビジネスシーンでも着られるアイテムがそろい、ウィメンズではプリーツスカートやシャツワンピース、リネン素材のパンツなどをラインナップするほか、2019年秋冬シーズンに初登場したスフレヤーンのニットを春夏シーズンで初めて発売。メンズでは軽量で伸縮性と速乾性を備えた「感動パンツ」「感動ジャケット」でチェック柄など新柄を用意する。

 クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)がアーティスティックディレクターを務める「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」は今シーズン、1970年代のルーズなシルエットからインスパイアされ、リラックス感と現代のストリートスタイルを融合したアイテムを提案。メンズはピンタックを施した開襟シャツやデニムジャケットはドロップショルダーを取り入れたオーバーサイズのデザインで、デニムパンツやハーフ丈のグルカパンツは太めのシルエットに仕上げた。ウィメンズでは、カーペンターパンツやAラインのワンピース、襟ぐりが大きく開いたニットトップスなどのほか、定番アイテムで人気を集めたTシャツから初のUネックをラインナップする。男女共通の雑貨では、トートバッグとバックパックの2wayバッグをはじめ、ボディーバッグやショルダーバッグが揃い、サンダルはトング付きのビーチサンダルタイプを初めてデザインした。

 このほか、イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とコラボレーションした「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE」は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催とリンクさせ、パリでオリンピックが開催された「1924(年)」をテーマに、ジャージーやスウェットなどスポーティーなアイテムを用意。イネスらしいフレンチシックを良い体現した商品として、ユニクロ初の素材であるツイストプリーツを使ったワンピースやスカートを揃える。

「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE」より

 様々な作品やアーティストとのコラボレーションが人気を集めたTシャツブランド「UT」は、「アナ スイ(ANNA SUI)」とのコラボのほか、「ハローキティ」と吉田ユニを迎えたトリプルコラボなどを発売する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング