Image by: FASHIONSNAP

Fashion

【まとめ】いらない服は捨てずにリサイクルへ、ファッションブランドの衣類品回収サービス

Image by FASHIONSNAP
Image by: FASHIONSNAP

 ファッション業界ではサステナビリティーを重視した取り組みが広まり、衣類の回収を受け付けるブランドや企業が増えています。大型連休や年末の大掃除に合わせて服の断捨離を計画している人は、いらない服を捨てずにリサイクルしてみては?「ユニクロ(UNIQLO)」「ジーユー(GU)」「無印良品」「H&M」「ザラ(ZARA)」など、衣類品の回収サービスを展開しているブランドをまとめました。

(※いずれも2021年7月26日時点の情報)

— ADの後に記事が続きます —

ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング

 ユナイテッドアローズの「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing)」では、ダウン製品の回収を実施中。回収したダウン製品は、羽毛のリサイクル社会を目指すプロジェクト「グリーンダウンプロジェクト(Green Down Project)」に提供されます。

■「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」グリーンダウンプロジェクト
期間:常時
対象商品:ダウン混率50%以上のダウン製品(ブランド不問)
実施店舗:ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング、ワークトリップアウトフィッツ グリーンレーベル リラクシング、ルロウ グリーンレーベル リラクシング 各店舗(オンラインストアは除く)
回収方法:レジに持参

 また、ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシングと「ルロウ グリーンレーベル リラクシング(Lurow GREEN LABEL RELAXING)」では、8月6日から31日までの期間限定で、ビジネスアイテムの下取りキャンペーンを実施。店頭にアイテムを持参すると10%オフのチケットが配付されます。下取りしたアイテムは特定非営利活動法人「ピースウィンズ・ジャパン」に寄付し、その後ピースウィンズ・ジャパンがリユース事業を手掛けるワットマンに販売。買取金は災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団ARROWS」の活動費に役立てられます。下取りは1人6点まで。

■「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」ビジネスアイテム下取りキャンペーン
期間:2021年8月6日(金)〜8月31日(火)
対象商品:ジャケット・パンツ・スカート・ワンピース・シューズ・バッグ(ブランド不問、スーツは2点1セットで下取り)
実施店舗:ユナイテッドアローズ グリーンレーベル、ルロウ グリーンレーベル リラクシング各店舗
回収方法:店舗に持参

UNIQLO・GU

 ファーストリテイリンググループの「ユニクロ(UNIQLO)」と「ジーユー(GU)」は、全店舗に両ブランドが販売した商品を回収するリサイクルボックスを設置。回収された衣類は難民キャンプや被災地への緊急災害支援など、世界中の服を必要としている人に届けられます。

 また、2020年からユニクロはダウン商品のリサイクルを実施。布部分に汚れやシミがあるもの、ファスナーなどのパーツが破損しているものも対象となります。各店舗に設置された回収ボックスにて常時回収を受け付けており、回収されたダウンは東レの工場に送られ、ダウンとフェザーを取り出し再生されます。同年11月には、不要になったユニクロの服を回収し新たな価値を与えるプロジェクト「リユニクロ(RE.UNIQLO)」を始動し、ダウンを再生・再利用した新商品第1弾「リサイクル ダウンジャケット」の販売を開始しました。現在、一部店舗と公式オンラインストアで取り扱っています。

■ユニクロ・ジーユー 全商品リサイクル活動
期間:常時
対象商品:ユニクロ、ジーユーの製品のみ
実施店舗:国内のユニクロ・ジーユー全店舗
回収方法:店内の回収ボックス、店舗スタッフまで問い合わせ
特設ページ

■ユニクロのダウンリサイクル
期間:常時
対象商品:ユニクロのダウン商品
実施店舗:国内のユニクロ全店舗
回収方法:レジに持参
特設ページ

無印良品

 無印良品で販売した衣料品全般の回収を常時行っており、MUJI passport会員は1回の回収でその場で1,000マイルが付与されます。回収された繊維製品はバイオエタノールなどにリサイクルされるほか、状態が良いものは染め直した上で限定店舗で再販売されています。

■無印良品 BRINGプロジェクト
期間:常時
対象商品:無印良品の繊維製品全般(衣料品、タオル、シーツ、カバー類など ※下着、くつ下を除く)※店頭回収は洗濯した上で持参
実施店舗:国内の無印良品店舗
※無印良品一部店舗(西友インショップ各店)、Cafe & Meal MUJI 各店では未実施
回収方法:店舗スタッフまで問い合わせ
特設ページ

H&M

 「H&M」では、ブランドや状態を問わず衣料品の回収を国内全店舗で常時受付中。片方だけの靴下や古いシーツも持ち込むことができます。点数に限らず、いらなくなった衣類を詰め込んだ袋1つにつき、3,000円以上の買い物の際に使える500円割引のクーポンが進呈されます(1人1日最大2枚まで)。

 回収された衣類のうち、まだ着用できるものは古着として世界の市場で販売、もしくはリメイク用の材料や清掃用品などに再利用。再着用・再利用できない布地は新たな繊維としてリサイクルされるほか、自動車産業などの制振材や絶縁材などに使用されます。

■衣類回収プログラム
期間:常時
対象商品:衣服、毛布、帽子など(ブランド不問)
※回収できないもの:バッグ、靴など
対応店舗:国内のH&M全店舗
回収方法:レジに持参
特設ページ

ZARA

 国内の全店舗に設置した回収用コンテナで商品リサイクルを受付中。ブランドは不問で、衣類のほかにホームファブリックも対象となっています。回収された商品や衣類は分別・分類され、適切な用途に活用されます。

■ZARA 衣料品リサイクル
期間:常時
対象商品:衣類、ホームファブリック(ブランド不問)
実施店舗:国内のザラ全店舗
回収方法:店内の回収コンテナ
特設ページ

アーバンリサーチ

 「アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)」でも羽毛製品の回収を行う「グリーンダウンプロジェクト(Green Down Project)」を実施中。ダウンだけではなく、羽毛布団の回収にも対応します。対象商品は、品質表示の組式の「ダウン率」が50%以上のもの、またはグリーンダウンプロジェクト「VIRGIN DOWN」のハングタグ(吊り札)が購入時に付いている商品。

■アーバンリサーチ「グリーンダウンプロジェクト」
期間:常時
対象商品:羽毛製品
※品質表示の組式の「ダウン率」が50%以上のもの
※グリーンダウンプロジェクト「VIRGIN DOWN」のハングタグ(吊り札)が購入時に付いている商品
実施店舗:URBAN RESEARCH、URBAN RESEARCH DOORS、URBAN RESEARCH Store、URBAN RESEARCH ROSSO、かぐれ、KBF、SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH、URBAN RESEARCH Sonny Label、URBAN RESEARCH warehouseの全9ブランドのうち、回収ボックスを設置している店舗
回収方法:回収ボックス
特設ページ

パタゴニア

 「パタゴニア(Patagonia)」では2005年にリサイクルサービスを開始し、これまでに累計80トン以上を回収したそう。店頭に設置した専用ボックスで回収を受け付けているほか、パタゴニアの流通センターに送付することもできます。回収した製品は新しい繊維や生地にリサイクル。回収時点で素材としての価値があるものや、まだ十分に使える状態の製品については別の用途に使われるほか、古着として再利用されます。

■Worn Wear
期間:常時
対象商品:パタゴニア製品のみ
実施店舗:直営店22店舗全店
回収方法:店頭の回収ボックス、弊社倉庫またはカスタマーサービスに送付(送料別途発生)
送付先:
341-0059
埼玉県三郷市インター南1-4-2 GLP三郷III 2F日本ロジスティック内パタゴニアDC
「コモンスレッズ・パートナーシップ」係
電話番号:0800-8887-447
特設ページ

ゴールドウイン

 「ザ ノース フェイス(THE NORTH FACE)」「ヘリー ハンセン(HELLY HANSEN)」などを展開するゴールドウイン(GOLDWIN)はブランドや製品状態を問わず回収に対応しています。服のみを対象をとし、持ち込む前の洗濯が必要。持ち込み点数は問わず、一日の持ち込み回数は1回まで。提供者には500円分のクーポンが付与されます。

■GREENCYCLE
期間:常時
対象商品:ウェア(ブランド不問)
※回収できないもの:下着、靴、バッグ、靴下、帽子、手袋などのアクセサリー
実施店舗:特設ページ参照
回収方法:レジに持参
特設ページ

スノーピーク

 日本全国の直営店の回収箱で、テントや衣料品等の布製品の回収を実施しています。回収された製品は、特殊技術により衣類の原料となる再生ポリエステル樹脂となり、その樹脂をポリエステル繊維に組み替えてロングスリーブTシャツなどを製造しています。持参した人にはオリジナルステッカーを進呈。

■SNOWPEAK RyCYCLE PROJECT
期間:常時
対象商品:テント、タープ、シュラフ、衣料品(ブランド不問)
※回収できないもの:靴、カバン、アクセサリー
実施店舗:スノーピーク直営店
回収方法:レジに持参
特設ページ

ワコール

特設ページより
特設ページより

 ワコールでは毎年、不要なブラを環境にやさしい燃料に変える「ワコール ブラ・リサイクル」を実施。今回は2020年10月1日から2021年3月31日まで、一部店舗で他社製品を含めブラの回収を受け付けています。回収は店頭でのみ対応。洗濯済みの不要なブラを手持ちの紙袋やビニール袋に詰めてスタッフに手渡しすると、そのままワコールを経由し、処理工場へ送られます。処理工場へ送られた後も開封することなく加工作業が行われるので安心です。

■ワコール ブラ・リサイクル
期間:2020年10月1日(木)〜2021年3月31日(水)
対象商品:ブラ(ブランド不問)
実施店舗:特設サイト参照
回収方法:リサイクルバッグに入れた上で店頭で回収
特設ページ

洋服の青山

 「洋服の青山」ではスーツやワイシャツから、ベルトや靴などの小物類まで幅広く回収を受付中。下取りすると、10%オフのクーポン券を配布しています。回収点数は1人1アイテムにつき5点まで。

■洋服の青山 スーツの下取りサービス
期間:常時
対象商品:ワイシャツ、ブラウス、スラックス、スカート、シューズ、バッグ、ベルトなど(ブランド・状態不問)
実施店舗:洋服の青山 全店
回収方法:店舗スタッフまで問い合わせ
特設ページ

近鉄百貨店

Image by Image by: 近鉄百貨店
Image by Image by: 近鉄百貨店

 近鉄百貨店は、2021年8月にアパレル・服飾雑貨の在庫処分業者shoichiと協業で廃棄衣料削減プロジェクト「次へ活かす服」を開始し、9店舗で衣料品の回収を行っています。対象商品は下着やバッグなどの洋品雑貨を除く衣料品全般で、各店のギフトサロンで対応。回収された衣料品は、shoichiが仕分けを行い東南アジア各国に発送した後、現地のNPO・NGOによる協力のもと孤児院や養護学校に寄付されます。

■近鉄百貨店「次へ活かす服」
期間:常時
対象商品:衣料品全般下着、靴下類、帽子、手袋、バッグ、靴、ベルト、ハンカチ、スカーフ、傘を除く)※洗濯した上で持参
実施店舗:あべのハルカス近鉄本店、上本町店、東大阪店、奈良店、橿原店、生駒店、和歌山店、草津店、四日市店
回収方法:各店のギフトサロンに持参

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング