Fashion

シップスから新ブランド「シップス エニィ」デビュー、親子でリンクコーデができるラインも

SHIPS any イメージ画像 Image by SHIPS any
SHIPS any イメージ画像
Image by: SHIPS any

 シップスが、新ブランド「シップス エニィ(SHIPS any)」を2020年1月にスタートさせる。2020年1月17日にオープンする公式サイトで先行予約を受け付け、2月中旬から出荷と出店を開始する予定。

 新ブランドは「どんな人にも、どんな場所にも、どんな時にも似合う服」をコンセプトに掲げ、清潔感のあるミニマルなデザインのカジュアルウェアやビジネスウェアを販売する。商品価格帯はTシャツが3,100円〜、シャツが7,200円〜、パンツが8,100円〜、ワンピースが8,100円〜、ジャケットが1万5,400円〜(すべて税別)で、主力ブランドの「シップス(SHIPS)」よりも約30%ほど低く設定。オリジナルアイテムのほかにも、セレクト商品として「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」や「ラコステ(LACOSTE)」などのアイテムを取り扱い、別注の商品も販売する。

 また、0から9までのサイズを揃え、家族や恋人、友達、親子でリンクコーディネートやシェアが楽しめるライン「シップス エニィ スタンダード」を展開。ファーストコレクションは半袖Tシャツ2型、ボーダーカットソー1型、シャツ2型、パーカ1型、デニム1型、チノパン1型、トートバッグ1型をラインナップし、紫外線遮蔽率(UV)、遮熱、坑花粉、消臭などの機能性も備える。

 新ブランドではサステナビリティーの実現を目指し、「SHIPS any 少しのいいこと」と題して環境に配慮した衣服やハンガーを採用するほか、ショッパーやタグにFCS認定紙を使用。プライスタグのQRコードからは、アイテムに関するサステナブルな取り組みを閲覧することができる。



最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング