Eye/LOEWE/Nature 2020春夏コレクション
Eye/LOEWE/Nature 2020春夏コレクション
Image by: LOEWE

Fashion

「ロエベ」メンズライン第3弾が発売、東京や富士山麓でヴィジュアルを撮影

Eye/LOEWE/Nature 2020春夏コレクション
Eye/LOEWE/Nature 2020春夏コレクション
Image by: LOEWE

 「ロエベ(LOEWE)」が、自然にインスパイアされたメンズライン「アイ/ロエべ/ネイチャー(Eye/LOEWE/Nature)」の第3弾を発売した。

— ADの後に記事が続きます —

 新作では、耐久性に優れたワークウェアジャケット(10万5,000円)や、水彩画のようなタッチの風景をプリントしたオーガニックコットンTシャツ(4万4,000円)、クリエイティブユニット「エムエムパリス(M/M Paris)」がデザインした目のマークをあしらったボーダー柄のTシャツ(6万8,000円)、プルオーバーパーカ(13万5,000円)、ポロシャツ(4万9,000円)、フリース素材のパンツ(7万4,000円)などをラインナップしている。

 アクセサリーには、ターコイズやオレンジ、イエローなど鮮やかなカラーパレットを採用。カーフスキンのハイキングブーツ(10万7,000円)をはじめ、カラフルなキャップ(3万3,000円)や人間工学に基づいたクッションとノートPC入れを備えたスモールバックパック(13万3,000円)、内容量を調節できるスモールメッセンジャー(9万3,000円/いずれも税別)などが揃う。

 コレクションのヴィジュアルには、俳優のジョシュ・オコナー(Josh O'Connor)を起用。渋谷のスクランブル交差点や箱根の竹林、富士山麓を舞台に、グレイ・ソレンティ(Gray Sorrenti)が撮影を担当した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング