ZOZO FashionTechNews

TikTokがEC機能をテスト導入、勢いを増すソーシャルコマースの波

ZOZO FashionTechNews

ファッション×テクノロジーを配信するニュースメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

若者を中心に人気の動画アプリTikTokは、一部ユーザーに対し、EC機能のテストを開始した。リリースからわずか3年でダウンロード数が約15億回を突破したTikTok、今や一般ユーザーのみならず、ファッション企業やインフルエンサーも利用する一大プラットフォームだ。

そんなTikTokによるEC機能導入は、どのような影響を与えるのだろうか。近年増加しているソーシャルコマースやファッションの観点から、TikTokのEC機能について考えてみよう。

TikTokによるEC機能導入の詳細

Image Credit : TikTok

TikTokが導入テストを開始するのは、ユーザーが投稿した動画コンテンツから、ショッピングサイトに飛べる機能。現在、一部のユーザーに限定的に提供されている。また、プロフィールページにECサイトのリンクを貼ることも可能になった。

これらの機能は、アプリ体験を向上させる実験であるとのこと。同様の機能は、すでに同アプリ中国版のTikTok Douyin(TikTokドウイン)で導入されており、現在は6万人以上のユーザーが投稿コンテンツにショッピングカートボタンを組み込める。

Alibabaをはじめ、多くのユーザーがこの機能を活用した結果、1日で10万アイテムを販売、約3000万ドル(約32億円)を売り上げた発表されている

ソーシャルコマースの可能性

現在、世界規模でSNS利用者数は増加し、EC市場は拡大し続けている。トレンダーズ株式会社が10~40代の女性829名を対象に行なった「SNS利用と消費行動に関する調査」によると、約50%の女性がSNSを見て商品を購入したことがあると回答している。

Image Credit : WhatsApp Business

このような状況を受けて、いち早くEC機能の拡大に動いたInstagramをはじめ、SNSにEC機能をつけたサービスが増えている

例えば、Facebook傘下であるWhatsAppのビジネスオーナー向けアプリ、WhatsApp Businessカタログ機能を導入。この機能は、WhatsApp Business上で販売企業側が商品の詳細や価格などを紹介できるもの。顧客はウェブページに飛ばずに、商品について知ることができる。同アプリは現在、約500万もの企業に採用されいる。

ファッション × ソーシャルコマース

Image Credit : TikTok

以前の記事でも、ファッション企業がTikTokに注目していることを紹介した。今や、ファッションブランドやファッション誌が、キャンペーンや商品紹介などにTikTokを活用している。

また、毎日の着まわしコーディネートといった、ファッションに関する情報発信をする人気ユーザー続々と登場している。若い世代からの支持を獲得するために、すでに重要なプラットフォームになっているのだ。

そのようなTikTokでのEC機能の導入は、SNSを見ながら商品を購入するという消費の仕方を、さらに加速させるだろう。

その結果、Instagram、TikTok、YouTubeなど、各SNSがどのように使い分けされていくのだろうか。ファッション領域におけるソーシャルコマースの広がりに、今後も注目していきたい。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング