「Sewelô」
「Sewelô」
Image by: ルカラ ダイヤモンド

Fashion

「ルイ・ヴィトン」史上2番目に大きい1758カラットのダイヤモンドをジュエリーに

Update:

【2020年1月23日追加】ルイ・ヴィトンは、ダイヤモンドをジュエリーに加工するにあたり、アントワープのダイヤモンド加工業者HBと協業することを発表した。

「Sewelô」
「Sewelô」
Image by: ルカラ ダイヤモンド

 カナダの採掘会社ルカラ ダイヤモンドが、史上2番目に大きい1,758カラットのダイヤモンドを研磨し「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のファインジュエリーコレクションに加えることを発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 1,758カラットのダイヤモンド原石は、大きさ幅83mm×奥行き62mm×高さ46mmで、重さは約352g。昨年4月にアフリカのボツワナ鉱山で採掘され、ボツワナの言語で「稀少な発見」を意味する「Sewelô」と名付けられた。

 なお、史上最大のダイヤモンドは3,106カラットの「カリナンダイヤモンド」で、1905年に南アフリカで発見され、英国王室に贈呈された。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング