東京で行われた「ケネス・イゼ」のプレゼンテーション
東京で行われた「ケネス・イゼ」のプレゼンテーション
Image by: FASHIONSNAP.COM

World News

新生ケンゾーや新進アフリカ勢に注目、20AWパリコレ公式スケジュール発表

東京で行われた「ケネス・イゼ」のプレゼンテーション
東京で行われた「ケネス・イゼ」のプレゼンテーション
Image by: FASHIONSNAP.COM

 2月24日から3月3日の9日間にわたって開催される2020-21年秋冬ウィメンズ パリファッションウィークの暫定スケジュールが発表された。

— ADの後に記事が続きます —

 今シーズンは「LVMH Prize for Young Fashion Designers 2019(以下、LVMHプライズ)」のファイナリストで、昨年10月に日本とアフリカのファッションプロジェクトの一環で6組のデザイナーと合同ショーを開催した「ケネス・イゼ(Kenneth Ize)」のほか、これまでオフスケジュールでショーの開催経験があるMarie-Christine Statzの「ゴシェール(GAUCHERE)」とコム デ ギャルソン社の「ノワール ケイ ニノミヤ(noir kei ninomiya)」、過去2シーズンのプレゼンテーションでメディアやバイヤーからの関心も高かった「コペルニ(COPERNI)」がそれぞれ公式スケジュールでは初となるショーを開催。また、昨年LVMHプライズでグランプリを受賞し、「ケネス・イゼ」と共に東京でショーを行なった「テベ・マググ(THEBE MAGUGU)」はプレゼンテーション形式で新作を披露する。

 公式初参加のブランドに加え、クリエイティブディレクターに元「ラコステ(LACOSTE)」のフェリペ・オリヴェイラ・バティスタ(Felipe Oliveira Baptista)を迎えて初のショーとなる「ケンゾー(KENZO)」も注目が集まる。

 なお、ヨーランダ・ゾーベル(Yolanda Zobel)のラストシーズンとなる「クレージュ(Courrèges)」は、すでにルックで公開されている2020年秋冬コレクションを展示会形式で発表するほか、「アフターホームワーク(AFTERHOMEWORK)」「セドリック シャルリエ(CÉDRIC CHARLIER)」「マニッシュ アローラ(MANISH ARORA)」などは今シーズン、ショー形式での発表を見送る。

 オフスケジュールでは西崎暢が手掛ける「ウジョー(Ujoh)」が、ミラノからパリに場所を移しショー形式で新作を発表する予定。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング