Fashion

エプロンドレス、エレファントバッグ......「ロエベ」20AWメンズは定義を曖昧にする意外な掛け合わせ

 「ロエベ(LOEWE)」が、パリで2020-21年秋冬メンズコレクションを発表した。目を引いたのは、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が「対話」と表現する掛け合わせ。ジャケットの前面にドレスを取り付けるなど、異なる概念や要素を合わせることによって既存の定義を曖昧にしている。

— ADの後に記事が続きます —

 会場はユネスコ本部。光沢を帯びた黒い木材で曲線を描く橋がランウェイとなり、対照的なクリア素材の椅子が並べられた。

 ジョナサンが今シーズン取り組んだのは「動きと緊張」という概念。ロエベならではのクチュール技術を用いながら、曖昧さと楽観性をプラスしたという。印象的なのはファーストルックをはじめ計4ルックで登場したプロムドレス。光沢素材でベアトップ型のノスタルジックなドレスが、エプロンのようにメンズモデルの首からぶら下げられている。

 コレクションを構成するのは、曲線と直線、サテンとダブルフェイスウール、クリスタルとニット、キネティックなモチーフと簡素感など、意外性のある要素の掛け合わせ。輪郭や境界がぼやけることで、メンズウェアにユニークなひねりを与えた。

 アウターは平面的な太いパイピングのコートやケープ風、肩を包むほど衿が大きくデフォルメされたフェミニンなシルエットなど、バリエーションが豊富。スカートのように見えるショーツといった、脚を見せるスタイリングが目立った。アクセサリーでは、装飾が施されたビッグサイズのエレファントバッグや、ウィメンズでも展開されるバルーンバッグ、そして鳥をモチーフにしたフェルトハットやベルトから下がるレザーチェーンといったクラフトモチーフが、楽観的なアクセントとなっている。

 ロエベによるメンズコレクションのランウェイショーは今回で3シーズン目。全体のトーンとしてはこれまでよりも落ち着いていた印象だが、ジョナサンならではのジェンダーを曖昧にするフェミニンなタッチがメンズウェアの新しいフォルムとして際立っていた。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング