Fashion

新型コロナウイルスの影響で中国ブランドがパリコレ20AW不参加を表明 Jarel ZhangやMashamaなど

Mashama 公式インスタグラムより
Mashama 公式インスタグラムより

 中国のファッションブランド「Jarel Zhang」や「Mashama」、台湾発のブランド「シャッツィ・チェン(SHIATZY CHEN)」が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020-21年秋冬ウィメンズパリファッションウィーク(以下パリコレ)の参加を中止した。パリコレは、2月24日から3月3日にかけて行われる。

— ADの後に記事が続きます —

 Jarel Zhangは、3月3日に予定していたランウェイショーを中止。「中国とフランス両国のスタッフの健康と安全を保証すべく、慎重な審議の結果、ショー中止に至った」と公式インスタグラムで発表した。

 これまでパリでショー形式でコレクションを発表してきたMashamaは、ショーとは異なる形式で2020-21年秋冬コレクションを後日発表することを決定。また、同コレクションの売上の5%を上海のチャリティ団体「Yangpu Branch」に寄付し、感染予防と対策を支援するという。パリコレには参加しないが、コミュニケーションチャネルやSNS等において、パリコレを主催する仏オートクチュール・プレタポルテ連合協会のフルサポートのもと発表されるという。

 シャッツィ・チェンもコロナウイルスの感染拡大の影響でショーの開催を見送るほか、海外メディアによると「ユマ ワン(UMA WANG)」や「カルバン・ルオ(Calvin Luo)」などの中国ブランドもパリコレへの参加を中止。なお、3月下旬の開催を予定していた上海ファッションウィークは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため延期が決定している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング