VIVA メインヴィジュアル
VIVA メインヴィジュアル
Image by: Ferragamo Japan

Fashion

フェラガモから定番シューズをモダンにアップデートした新作「ヴィヴァ」が登場

VIVA メインヴィジュアル
VIVA メインヴィジュアル
Image by: Ferragamo Japan

 「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」が、ベストセラーシューズ「ヴァラ(Vara)」のアップデート版「ヴィヴァ(VIVA)」を2月17日から全国のシューズ取り扱い店舗で順次発売する。

— ADの後に記事が続きます —

 新作シューズはクリエイティブディレクターのポール・アンドリュー(Paul Andrew)がブランドの定番シューズをモダンに再解釈し、2020年春夏コレクションのランウェイで初披露。ヴァラの象徴的なグログランリボンのディテールを残し、オリジナルリボンよりも大きめにデザインした。彫刻や映像を制作するアーティストのリチャード・セラ(Richard Serra)にインスピレーションを受け、ヒール部分は彫刻的なブロックのフォルムに仕上げた。

 素材は、ナパレザー製のプレーン(8万3,000円)、ギャザーが寄ったナパレザーのラッフル(9万円)、ファブリック(7万9,000円/税別)の3種類をラインナップ。プレーンタイプは店舗限定カラーを含めた9色、ファブリックタイプは2色、ラッフルタイプは3色を揃え、ヒールの高さはミドル(5.5cm)とロー(2cm)の2種類を用意する。なお、ヴィヴァはオリジナルモデルのヴァラとともに定番シューズとして今後も継続的に販売する予定。

■サルヴァトーレ フェラガモ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング