フォーエバー 21(写真は閉店前の新宿店)
フォーエバー 21(写真は閉店前の新宿店)
Image by: FASHIONSNAP.COM

Business

「フォーエバー 21」売却先が正式に決定、バーニーズ買収のABGほか3社

フォーエバー 21(写真は閉店前の新宿店) Image by FASHIONSNAP.COM
フォーエバー 21(写真は閉店前の新宿店)
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「フォーエバー 21(FOREVER 21)」の売却が正式に決定した。買い手となったのは、「バーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)」を買収したオーセンティック・ブランズ・グループ(Authentic Brands Group、以下ABG)、ショッピングモールを所有するサイモン・プロパティ・グループ(Simon Property Group)、投資会社ブルックフィールド・プロパティ・パートナーズ(Brookfield Property Partners)の3社。ABGとサイモンはそれぞれ37.5%ずつ、ブルックフィールドは25%の知的財産権と事業運営権を所有する。

 フォーエバー 21はファストファッションブームを先導したブランドの一つとして人気を集めたが、近年は業績が悪化。日本や中国などアジアの市場からは撤退し、米連邦破産法11条の適用を申請していた。今回の買収により、ABGのEコマースを含むグローバルの年間小売売上高は125億ドル(日本円で約1,390億円)規模となる。海外メディアは公式発表前に買収について報じた際、入札額を8,100万ドル(同 約88億円)としていたが、正式な落札額は明らかになっていない。

 今後、フォーエバー 21はサステナブルなサプライチェーンを目指していくという。出店戦略では中米や南米、フィリピンなどの地域の既存店舗はライセンスパートナーシップ契約に切り替えるほか、ヨーロッパ圏や中東、インドなどの主要地域に事業を拡大していく方針。その中には中国も含まれていることから、中国に再上陸する可能性もある。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング