Image by: エスモードジャポン

Fashion

エスモードジャポンがラフォーレ原宿でポップアップ開催、岡山デニムの廃材をアップサイクルしたアイテムを販売

Image by エスモードジャポン
Image by: エスモードジャポン

 エスモードジャポンが、サステナビリティ教育のカリキュラムの一環でラフォーレ原宿のポップアップスペース「コンテナ」に「La Boutique ESMOD」を出店する。会期は2月27日から3月3日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 同校では服が完成するまでの工程を産地で実体験し、生産背景にあるストーリーを学生自身が伝えることを目的とした産官学協同プロジェクトを実施。昨年夏には、エスモードジャポンの学生が岡山県のデニム染色、織布、縫製、加工工場を見学し、服が完成するまでの工程を学んだ。

 ポップアップでは岡山県とコラボレーションし、学生クリエイターが岡山デニムの残反や切れ端などの廃材をアップサイクルした一点物の商品を販売。学生たちはデザインからパターン、縫製、PR、店装プラン、接客、販売までのすべての工程に参加するほか、ヴィジュアル撮影も手掛けている。

 会期中、同校のクリエイターによるワークショップを開催。岡山デニムを使用し巾着やコースター、 購入したアイテムに刺繍や金箔などのカスタマイズを行うことができる。



■ワークショップスケジュール
2/28 13:30-14:30 エンブロイダリー
2/29 13:30-14:30 デニム巾着
3/1 13:30-14:30 デニムコースター
3/2 13:30-14:30 シルバー箔プリント
*変更の可能性あり

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング