「オルビス」コンセプトショップ イメージ
「オルビス」コンセプトショップ イメージ
Image by: オルビス

Beauty

「オルビス」初のコンセプトショップを表参道に出店、スキンケアトリートメントも提供

「オルビス」コンセプトショップ イメージ
「オルビス」コンセプトショップ イメージ
Image by: オルビス

 「オルビス(ORBIS)」が、初のコンセプトショップを表参道エリアに出店する。オープンは6月を予定。

— ADの後に記事が続きます —

 新店舗のコンセプトには、ブランドメッセージの「ここちを美しく。」を掲げる。「アヴェダ(AVEDA)」などが並ぶ南青山5丁目に路面店を建設中で、1階と2階からなる2フロア構成を予定。店舗のディレクションをデザインイノベーションファームTakramの緒方壽人が担当し、建築と店舗設計は建築家の工藤桃子が手掛ける。

 1階では自由に商品を試すことができるスペースや、肌の測定コーナー、ジュースバーなどを展開。2階にはブランド初のスキンケアトリートメントの施術スペースを設けるほか、ワークショップスペースを用意する。

 オルビスでは近年、スキンケアシリーズ「オルビスユー」や特定保健用食品「オルビス ディフェンセラ(ORBIS DEFENCERA)」といったヒット商品を販売しており、昨年から今年にかけてはブランドを象徴する新たな商品としてクレンジング「オフクリーム」や、薬用シワ改善美容液「リンクルホワイトエッセンス」を発売するなど、スター商品の拡充に努めてきた。コンセプトショップのオープンやアプリ、公式サイトのサービスを通じて、スキンケア・メーキャップ体験の提供とブランド発信を強化していくという。

■オルビス コンセプトショップ
オープン予定:2020年6月
出店エリア:表参道(南青山5丁目)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング