Image by: 資生堂

Beauty

冨永愛が資生堂のスキンケアブランド「ザ・ギンザ」のグローバルミューズに就任、CMで特注ドレス着用

Image by: 資生堂

 資生堂のプレステージスキンケアブランド「ザ・ギンザ(THE GINZA)」が、モデルの冨永愛をグローバルミューズに起用した。4月14日の今日から、冨永を起用したヴィジュアルやムービーを公式サイトやSNSで公開しているほか、テレビCMの放映を開始した。

— ADの後に記事が続きます —

 ザ・ギンザは、タイムレスな美を追求するプレステージブランドとして2002年にデビュー。「肌は身にまとう、最高のオートクチュール」のスキンケア哲学のもと、一人ひとりの肌に合う「テーラーメイドスキンケア」を目指した商品を開発している。

 冨永はミューズ就任について「私は日本のものづくりを大変尊敬しており、世界に誇れる素晴らしい宝であると思っています。 そのような日本で作られたスキンケアブランド、ザ・ギンザのグローバルミューズに就任できた事は非常に光栄で嬉しいです」とコメント。CMで冨永が着用したのは、ホワイト一色でアシンメトリーなカッティングが特徴のワンショルダードレスで、ファスナーの金具や刺繍の糸など、細部の素材に至るまでサステナビリティを考えて制作された特注品だという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング