千葉県南房総の花
千葉県南房総の花
Image by: 良品計画

Lifestyle

無印良品が生花を発売、新型コロナ感染拡大で余剰在庫を抱える生産者を支援

千葉県南房総の花 Image by 良品計画
千葉県南房総の花
Image by: 良品計画

 良品計画が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で余剰となっている生花の店頭販売を開始する。4月17日から無印良品 銀座で先行販売し、次週以降は都内を中心に展開店舗は拡大する予定だ。

 良品計画は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で式典やイベントの中止、花屋の休業や海外輸出の停止により、余剰在庫を抱える花卉生産者の支援を目的に生花を販売。まずは千葉県南房総地域の生産者から直接仕入れ「千葉県南房総の花」としてバラ、ヒマワリ、ユーカリ、スターチス、レースフラワー、テマリソウなどから3〜4種類ずつ、週ごとにラインナップを変えて店頭で販売する。価格は1束(同品種約3本)で399円。店頭では各品種の特徴や長持ちさせるコツ、飾り方などを提案するという。

 そのほか、余剰在庫を抱える生産者を支援する取り組みとして、学校給食用の牛乳と苺狩りのシーズンにあわせて生産された苺を使用した「いちご牛乳」(350円/全て税込)を「カフェ & ミール ムジ(Café&Meal MUJI)」のメニューに追加。4月24日から5月6日までの期間限定で提供する。牛乳は千葉北部酪農農業協同組合から、苺は千葉県と埼玉県の農家からそれぞれ仕入れる。

 なお、緊急事態宣言に伴い、一部店舗は臨時休業や短縮営業を実施しており、各店舗の営業状況は出店先の商業施設に準ずる。

■「千葉県南房総の花」取り扱い店舗
・2020年4月17日(金)〜
無印良品 銀座
・2020年4月25日(土)〜
無印良品 新宿、MUJI 新宿、無印良品 リヴィン光が丘、無印良品 リヴィンオズ大泉、無印良品 セブンタウン小豆沢、無印良品 イオン板橋

■いちご牛乳/牛乳
提供期間:2020年4月24日(金)〜2020年5月6日(水)
販売店舗:Café&Meal MUJI 新宿、Café&Meal MUJI 日比谷、Café&Meal MUJI 府中ルシーニュ、Café&Meal MUJI みんなみの里、無印良品 銀座(1階 ジューススタンド)、Café&Meal MUJI メトロポリタン鎌倉
※営業状況により、変更となる可能性あり

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング