ISUTA

生活改善のために今から始められる6つの習慣

ISUTA

オシャレを発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

おうちでの時間は自由が許される分、どうしてもだらけてしまいますよね。

しかしオンライン授業が実施される学校もあるため、 一旦気持ちを入れ替えたいという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は生活を元に戻すために今から取り入れられる習慣を6つご提案します。

①食事にこだわってみる

おうちでの食事を適当に済ませていると、どうしても栄養が偏ってしまいがち。

そんな時におすすめなのが、最も栄養価の高い果実として知られるアボカドを使ったごはん。

簡単においしくできて、インスタ映えするので、おうち時間を充実させてくれますよ。

アボカドごはんのレシピをチェック

②映画や動画は一日何本までと決める

映画やドラマ、YouTubeなどの動画は一度見始めると永遠に見続けてしまい、夜更かししてしまいますよね。

その影響で生活が昼夜逆転してしまった方も多いのではないでしょうか。

しかし、1日に見る本数の上限を決めていれば大丈夫。メリハリがついて、内容にも集中できますよ。

ファッションをテーマにしたおすすめ映画をチェック

③たまには日光に当たって読書してみる

紫外線と聞くと日焼けをしてしまうなどの悪い印象がありますが、実はビタミンDを育成するというメリットもあるんです。

骨が丈夫になり免疫力が高まるなどのいい効果もたくさんあるので、一日15分以上は浴びることが大事なんだそう。

お好きな本や雑誌をベランダに持っていき、日光に当たりながら読むと気分転換にもなりおすすめですよ◎

日光浴にぴったりなおしゃれ雑誌をチェック

④夜のうちに湯舟につかる

夜のお風呂がめんどくさくて、朝シャワーばかりになってしまっていませんか?

しっかりと湯舟につかることでリラックス効果が得られ、血流が促進されるんだそう。

寝る前に入ることで睡眠の質もよくなり、生活リズムの改善にも繋がりますよ。

バスタイムをもっと充実させる方法をチェック

⑤1日1回は友達と会話する

一人暮らしの方などは特に、一日を誰とも話さずに過ごすこともあるのではないでしょうか。

ビデオ通話などを通して友達と話して、たくさん笑うことでストレスの軽減になるんです。楽しいカメラ機能を使って盛り上がるのもいいですよね!

人に見られるという気持ちも高まり、普段おやすみしているメイクをする機会にもなります。

話題の通話アプリZOOMをチェック

⑥やりたいことノートを作る

この期間にやりたいことをノートに書きだしてみると、自分のことを見直すきっかけになり、本格的な目標が見えてくるはず。

もちろん、自粛が終わった際に行きたい場所やしたいこと、今欲しいものの整理など、書くことは自由。

リスト化することで一度しっかりと考えられるので、ぜひ実践してみて。

自粛後に行きたいおでかけスポットをチェック

だらけた生活とはもうさよならしよう!

だらだらしてしまいがちな今、少しずつ生活リズムを習慣づけることが大事。

オンラインなどで授業が再開されるまでに生活改善したいという方はぜひ参考にしてみて。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング