「サザビーズ」出品ページより
「サザビーズ」出品ページより

World News

マイケル・ジョーダン着用の「エア ジョーダン 1」が競売に、現在の最高入札額は1800万円

「サザビーズ」出品ページより
「サザビーズ」出品ページより

 マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)着用の「エア ジョーダン 1」が、競売大手サザビーズ(Sotheby's)のオークションに出品された。現在の最高入札額は17万ドル(1,820万円)で、当初の落札予想額10万〜15万ドル(約1,070万円〜1,600万円)を上回っている。入札期間はニューヨーク現地時間5月17日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 出品されたエア ジョーダン 1は、1985年発売のファーストモデルで、右足の内側にジョーダンの直筆サインが施されている。当時「ナイキ(NIKE)」のクリエイティブディレクターを務めていたピーター・ムーア(Peter Moore)がデザインした「エア ジョーダン ウィング」のロゴとスウッシュが配されており、プレーヤーサンプルのみに付けられる製造番号は1985年2月から4月までの間に生産されたことを示している。一般向けに発売されたモデルとは異なる柔らかな革を用い、履き口はしなやかな質感に仕上がっている。

 ハイプビースト(HYPEBEAST)の報道によると、出品者は世界最大のナイキコレクション「Shoezeum」を所有するコレクターのジョーダン・ゲラー(Jordan Geller)で、ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「マイケル・ジョーダン: ラストダンス」がネットフリックス(Netflix)公開されたタイミングで今回の出品を決意したという。

【2020年5月18日追加】ニューヨーク現地時間5月17日、スニーカー史上過去最高額の56万ドル(約6,000万円、1ドル=107円)で落札された。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング