Image by: ゾフ

Lifestyle

「ゾフ」追加料金0円化でブルーライトカットの受注件数が大幅に増加、昨対比62倍に

Image by ゾフ
Image by: ゾフ

 「ゾフ(Zoff)」が、4月29日にブルーライトカットコートの追加料金を税別3,000円から0円に改定して以降、ECでの受注件数が大幅に増加している。

— ADの後に記事が続きます —

 ECでは、2020年4月29日から5月6日までのブルーライトカットコート受注件数が、2019年4月29日から5月6日までの期間に比べて約62倍に伸長。ECでの購入者で、ブルーライトカットレンズを選択する人は約10%から約72%まで増加した。

 ゾフは、緊急事態宣言に伴い在宅勤務や休校によるリモート授業によってパソコンの使用時間が増加し、アイケアへの関心が消費者の間で高まってきたことを受けて、ブルーライトカットレンズの追加料金を改定。対象となるレンズは33%カットと50%カットの2種類で、標準レンズ、薄型非球面レンズ、遠近両用レンズ、中近両用レンズ、近近両用レンズに対応している。

■ゾフ:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング