ローラ
ローラ

Fashion

ローラが監修するライフスタイルブランド「STUDIO R330」がデビュー、第1弾は日本環境設計の素材を使用

ローラ
ローラ

 モデルのローラ(Rola)が、ライフスタイルブランド「ステュディオ アール スリーサーティー(STUDIO R330)」を立ち上げた。アイテム第1弾を6月5日に発売する。

— ADの後に記事が続きます —

 ステュディオ アール スリーサーティーは、ローラの「地球にも人にも優しいことを、できる事から少しずつ始めていきたい」という思いを反映しており、デビューの準備に約2年を費やした。全てのクリエイティブをローラが監修し、スローガンに「essentials for a good life」を掲げ、トレンドに左右されないサステナブルなアイテムの販売やコンテンツを手掛ける。現在ロサンゼルスを拠点に活動するローラのライフスタイルを活かし、ワークアウトで身体を健康的に鍛えることの大切さなどを発信していく。

 アイテム第1弾は、ワークアウトウェア「+One コレクション」を発売。素材は衣類やプラスチック製品をリサイクルする仕組みづくりに取り組む日本環境設計のプロジェクト「BRING」と協業しており、リサイクルポリエステルを使用したブランドオリジナルの生地を1年以上かけて開発したという。古着を日本環境設計独自の最新技術「BRING Technology」により新しいポリエステル素材に再生した「BRING Material」をウェアの83%に使用し、残りの17%は伸縮性を高めるためにスパンデックスを取り入れた。

 ラインナップは、Tシャツ(6500〜7500円)、フーディー(15000〜1万6000円)、リバーシブルのボンバージャケット(2万8000円)、ジョガーパンツ(1万5000円)、ショーツ(9000円)、バイクショーツ(1万1000〜1万2000円)、レギンス(1万2000〜1万3000円)、スポーツブラ(9500〜1万1000円)、ヘッドバンド(3500円)、ソックス(1000円)、ヨガマット(7500円/すべて税別)を用意。ローラがファンだというフォトグラファー ハーブ・リッツ(Herb Ritts)の作品をフィーチャーし、一部のアイテムにはリッツの作品をプリントした。

■STUDIO R330:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング