INFINITE STAIRCASE (2020) ©Leandro Erlich
INFINITE STAIRCASE (2020) ©Leandro Erlich
Image by: KAMU kanazawa

Art

金沢に私設現代アート美術館「カム カナザワ」開館、レアンドロ・エルリッヒの新作インスタレーションも

INFINITE STAIRCASE (2020) ©Leandro Erlich
INFINITE STAIRCASE (2020) ©Leandro Erlich
Image by: KAMU kanazawa

 アートコレクターの林田堅太郎が館長を務める私設現代アート美術館「カム カナザワ(KAMU kanazawa)」が、6月21日に開館する。

— ADの後に記事が続きます —

 カム カナザワは、金沢21世紀美術館から徒歩約3分の場所に位置し、「現代アートの街」として金沢市の発展に貢献することを目的に活動する。当初は5月にオープンを予定していたが、新型コロナウイルスの影響で延期していた。

 「The power of things」と題したこけら落としでは、カム カナザワの中核を担う立体作品とインスタレーションのジャンルから、レアンドロ・エルリッヒ(Leandro Erlich)、桑田卓郎、ステファニー・クエール(Stephanie Quayle)の作品をピックアップ。カム カナザワのコレクションに加えて、3人の作家が今回の展示のために制作した新作や日本未公開作品が並ぶ。

 なお、レアンドロ・エルリッヒの作品は当初新作の公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で制作が一時ストップしたことから、7月まで新作の資料と関連作品を展示。7月中旬には館内で公開制作が行われる可能性があり、作品完成後はカム カナザワのパーマネントコレクションとして常設展示される。金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」と併せて、金沢エリアにはレアンドロ・エルリッヒの2つの大型インスタレーションが設置されることになる。

■KAMU kanazawa
オープン日:2020年6月21日(日)
住所:石川県金沢市広坂 1-1-52
開館時間:11:00~18:00(金・土曜日は20時まで)
入館料:800円(小学生以下は無料)
休館日:月曜日
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング