香林居 イメージヴィジュアル
香林居 イメージヴィジュアル
Image by: L&Gグローバルビジネス

Lifestyle

ブティックホテル「香林居」が金沢にオープン、村田晴信が制服をデザイン

香林居 イメージヴィジュアル Image by L&Gグローバルビジネス
香林居 イメージヴィジュアル
Image by: L&Gグローバルビジネス

 兼六園や21世紀美術館といった芸術的なスポットが集まる金沢・香林坊エリアに、ブティックホテル「香林居」が開業する。プレオープン日は9月17日で、10月1日にグランドオープンを予定している。ホテル運営やコンセプト開発、企画プロデュースにはホテルプロデューサーの龍崎翔子によるL&Gグローバルビジネスが参画。特設サイトで宿泊予約を受け付けている。

「ハルノブムラタ」デザイナーの村田晴信

関連記事
日本発のラグジュアリーブランドに――ジル サンダー出身デザイナー村田晴信が「ハルノブムラタ」で目指すもの

— ADの後に記事が続きます —

 香林居は「新しい金沢時間を処方する」をコンセプトに、宿泊や飲食、処方体験など新たな時間の過ごし方を提案。古くから九谷焼をはじめとする世界の工芸品を扱うギャラリー 眞美堂のビルをリノベーションし、もとの建築にある特徴的な意匠のアーチをモチーフにした内装と空間演出を取り入れた。

 建物は半地下から地上10階までの11フロア構成で、半地下フロアにはレストラン、地上2階から8階までには客室を備え、最上階にはルーフトップサウナ&バスを展開する。地上1階には、白山蒸留所を運営する「アースリング」と提携した蒸溜設備を併設。精油の精製を行い、蒸溜の過程で生じた芳香水はルーフトップサウナ&バスのアロマウォーター、客室常備のリフレッシャーなどに活用する。また、北陸地方において初となるメディテーションフローティングを導入。光や音が遮断された空間で浮遊する深い瞑想状態を体験できる。半地下フロアのレストランには、台湾料理店などを手掛ける塚本美樹がプロデュースするタイワニーズレストラン「カーチ(karch)」がオープンする。

 ホテルの制服と館内着のデザインは、「ハルノブムラタ(HARUNOBUMURATA)」のデザイナー村田晴信が担当。制服は香林居のコンセプトのひとつである「ユートピア」から着想し、館内着は装いを通じて宿泊者がホテルの世界観に没入できるようデザインしたという。なお、制服と館内着のデザインはプレオープン時に公開される。

こちらもチェック
台中で楽しむラグジュアリー温泉リゾート、水路が巡る楼閣「星のやグーグァン」をレポート

■香林居(こうりんきょ)
グランドオープン:2021年10月1日(金)
プレオープン:2021年9月17日(金)
住所:石川県金沢市片町1丁目1-31
フロア構造:地下1階、地上10階
客室数:18室
館内施設:客室、レストラン、ショップ、フローティング、ルーフトップサウナ&バス
ホテル公式サイト予約サイト

GOOD DESIGN HOTEL vol.2
メーカー: 商店建築社
発売日: 2019/03/28
価格: ¥3,565(2021/07/01現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング