自分で詰める水のボトル
自分で詰める水のボトル
Image by: 良品計画

Business

無印良品で給水サービス開始、プラを削減する持ち運び用ボトルを発売

自分で詰める水のボトル Image by 良品計画
自分で詰める水のボトル
Image by: 良品計画

 良品計画がプラスチックゴミ削減の取り組みとして、7月1日に「自分で詰める水のボトル」を発売し、同日から全国の113店舗で給水サービスを開始する。

 ボトルは容量330mlサイズで、洗浄しやすくするために広めの飲み口を設計した。価格は税込190円。給水サービスは「無印良品 銀座」や「無印良品 グランフロント大阪」といった各地域の拠点となる大型店を中心に導入し、2020年度内に日本国内約400店舗への設置を予定している。破損などで不要になった自分で詰める水のボトルは、店頭で回収し、ポリエステル原料にリサイクルする。

 サービスの導入に合わせて、新たなアプリ「水 アプリ」を開発。給水機を設置した店舗の位置情報を紹介するほか、給水した量やマイボトルによって削減できるペットボトルの排気量、二酸化炭素の排出量を知ることができる。東京都水道局が「Tokyowater Drinking Station」として掲出する公共施設など都内約700ヶ所以上の給水スポットについても紹介する予定だ。

■無印良品:「水」特集ページ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング