阪急阪神百貨店 公式サイトより
阪急阪神百貨店 公式サイトより

Business

阪急阪神百貨店がオンライン接客サービスを本格化、LINEやZoomで顧客からアプローチが可能に

阪急阪神百貨店 公式サイトより
阪急阪神百貨店 公式サイトより

 阪急阪神百貨店が、オンライン接客サービスを7月から本格化する。ZoomやLINEを活用し、店頭販売のOMO(オンラインとオフラインの融合)化を進めていく。

 オンライン接客サービスは、阪急阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー リテイリンググループが今後の重点的取り組みとしてあげる「リアル店舗とデジタルを融合したお客様との新しい関係作り」の一環として導入。リアル店舗での販売行為をオンラインに発展させ、顧客との関係性強化を図る。

 阪急阪神百貨店では、オンライン接客サービスを「デジタルカタログ」と「1to1コミュニケーション」の2軸で構成。店頭で販売している商品をデジタルカタログに掲載し、気になる商品に対してZoomやLINEで顧客から売り場へアプローチできる仕組みを作る。現在、デジタルカタログにはジュエリーと時計の約1200品目が掲載されており、7月からは10ブランドのラグジュアリーファッションを追加し、約2700品目をラインナップする。店頭販売の延長と考えていることから、オンラインストアでの展開が難しいブランドも紹介できるという。

 なお、Zoomでの接客は外商顧客を対象に行った販売会や受注会ですでに実施しており、一般展開へ向けて検証を重ねていくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング