ギャップで販売するマスク
ギャップで販売するマスク
Image by: ギャップジャパン

Fashion

ギャップとバナナ・リパブリックがフェイスマスクを発売、キッズサイズの展開も

ギャップで販売するマスク
ギャップで販売するマスク
Image by: ギャップジャパン

 「ギャップ(GAP)」が、3層構造のフェイスマスクを7月8日から全国のギャップストアおよび公式オンラインストアなどで発売する。7月末からは傘下ブランドの「バナナ・リパブリック(BANANA REPUBLIC)」でもオリジナルマスクを販売する。

— ADの後に記事が続きます —

 ギャップのマスクは洗って繰り返し使用できる仕様で、制作過程で発生した残布を使用。ノーズワイヤー入りで顔にフィットする。デザインが異なる3枚がセットになっており、大人用のサイズは4種、子ども用のサイズは2種が揃う。価格は990円。

 バナナ・リパブリックで販売するマスクは、耳にかけるストラップの調整が可能で、内側にはガーゼを収納できるポケットを備える。デザインは無地のほか、フローラルプリントやカモ柄、一部店舗限定のサファリ柄など全6種類を用意する。3枚入りで価格は2990円(いずれも税込)。

■ギャップ
発売日:2020年7月8日(水)
取扱店舗:全国のGapストア、公式オンラインストア、Gap Outlet、Gap Factory Store、
The Gap Generation

■バナナ・リパブリック
発売日: 2020年7月下旬予定
展開店舗:全国バナナ・リパブリックストア、公式オンラインストア(サファリ柄はマロニエゲート銀座3店、新丸ビル店、玉川高島屋SC店、横浜ランドマークプラザ店限定)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング