Media

ミディアム創業者が雑誌「ナイスシングス」復刊に向けてクラウドファンディング、新会社設立へ

「nice things.」復刊に向けたクラウドファンディングのヴィジュアル
「nice things.」復刊に向けたクラウドファンディングのヴィジュアル
Image by: 情景編集舎

 出版社ミディアム(MEDIUM)の創業者 谷合貢氏が、今年4月号をもって休刊した雑誌「ナイスシングス(nice things.)」の復刊に向けてクラウドファンディングを実施する。期間は7月11日から約1ヶ月間を予定。

— ADの後に記事が続きます —

 谷合氏は1988年10月にミディアムを設立。ナイスシングスのほか、「グラインド(GRIND)」「オーリー(Ollie)」「パーク(PERK)」「サイクルヘッズ(CYCLE HEADZ)」といった雑誌を発行してきた。ミディアムは3月6日付で破産開始決定を受け、その後グラインド、オーリー、パークの3誌は広告代理事業を営むトライアウト社に事業を譲渡した。

 ナイスシングスは2015年に創刊。2005年から発行していた美容・健康雑誌「ボディプラス(Body+)」の名称をナイスシングスに変更し、「生活に寄り添うこと」をテーマに掲げたライフスタイル誌として刷新した。リニューアル後は様々な地域と職業から毎号20組程度の人々を紹介。復刊後もナイスシングスの元編集者たちが携わる予定でテーマや内容は変更しないが、発行ペースは月刊誌から年4回の季刊誌となる。

 クラウドファンディングではオリジナルポストカードのほか、復刊1号と支援者の名前入りファンブックやオリジナルトートバッグを合わせたセット、ファンブック内での6ページ分の取材記事掲載など、全12種類のリターンを用意する。目標金額は600万円。

 なお谷合氏はナイスシングスの復刊に向けて、有志とともに「情景編集舎」を立ち上げており、復刊予定時期の10月を目処に法人化する計画。物販や催事といった関連事業も手掛ける方針だという。

ナイスシングス復刊に向けたクラウドファンディング※7月11日に公開予定

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング