Image by: ファーストリテイリング

Business

ユニクロ・ジーユー全店舗でショッピングバッグが有料化、プラスチック製から紙製に変更

Image by ファーストリテイリング
Image by: ファーストリテイリング

 ファーストリテイリングが、9月1日から「ユニクロ(UNIQlO)」と「ジーユー(GU)」の国内全店舗でショッピングバッグを有料化すると発表した。1枚一律税別10円で販売する。

 ファーストリテイリングは、地球環境に配慮した持続可能な事業の構築と資源有効利用に向けた取り組みを促進しており、2020年中に使い捨てプラスチックをグループ全体で2018年実績から85%(約7800トン)削減することを目標に設定。2019年9月からプラスチック製ショッピングバッグを再生紙など環境に配慮した紙製へと順次切り替えている。さらにユニクロとジーユーの全店舗でオリジナルのエコバッグ(M・Lサイズ/税別各190円)を販売し、マイバッグとして持参することを呼びかけている。

 ショッピングバッグの有料化は当初4月1日からを予定していたが、投入スケジュールに遅れが生じたため延期となっていた。また、ショッピングバッグの有料化に合わせて、商品パッケージも刷新。プラスチック製パッケージを撤廃し、再生紙など環境に配慮した素材を使用した代替パッケージへ切り替える。2019年秋冬シーズンからユニクロのルームシューズ、2020年春夏シーズンからエアリズム一部商品に紙製ヘッダータイプのパッケージを導入。2020年秋冬シーズン以降はユニクロのヒートテックに加え、ジーユーの一部インナー商品に代替素材のパッケージを採用する。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング