SEVENTIE TWO

ウェディング事業手掛けるテイクアンドギヴ・ニーズ、最大165億円の赤字見込み

SEVENTIE TWO

ファッション&ビューティに特化したインターナショナルメディア

フォローする:

アーフェリーク白金
アーフェリーク白金

 ウェディング事業を手がけるテイクアンドギヴ・ニーズは8月7日、2021年3月期の連結業績予想および配当予想を修正した。売上高は220〜250億円、営業利益は120〜150億円の赤字、経常利益は125〜155億円の赤字、連結最終損益は130〜165億円の赤字になりそうだという。未定となっていた年間配当はゼロとしている。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で挙式の延期・キャンセルが多く出ており、第2四半期から2021年3月までの婚礼披露宴組数は前年実績を下回ると見込んで算定した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング