senken plus

クルーズからウィメンズシューズの新ブランド「ヒューン」デビュー、21年春夏から展開

繊研plus

ファッションビジネス専門紙「繊研新聞」公式サイト

フォローする:

 「エリン」や「ボーメ」などのレディスブランドを製造販売するクルーズは21年春夏、レディスシューズの新ブランド「HEWN」(ヒューン)を発売する。日常をデザインの中心に置き、実用性と個性を兼ね備えたデザインシューズを作った。「ミニマルでありながら、アイデアを備える女性のアイデンティティを表現」しており、「現代の女性のファッションへのモチベーションになること」を目指すという。手がけるのはデザインチーム。

 デザインはナローなタイプと、ボリューム感のあるタイプが揃う。トウシューズをイメージしたフラットシューズは、スクエア状のつま先を強調した細長いシルエット。シンプルなデザインのなかに、直線的なフォルムと、丸みを描くパイプ入りのリボンが、ちょうど良いバランスで組み合わさっている。靴底の返りが良くなるようにソールにクッションを入れているので、履き心地が良い。

「ヒューン」のトウシューズをイメージしたフラットシューズ

 厚底サンダルは、ボリューム感のある編み込みストラップが目を引く。足を入れると、膨らみのあるストラップが足の甲に優しくフィットする。色はグレーがかったベージュや黒。モダンな色に、エスパドリーユ風の厚底ソールがリラックス感をプラスする。

「ヒューン」のボリュームストラップの厚底サンダル

 日常でヒールの高い靴を履く女性が少なくなるなか、ヒールの高いサンダルも履きやすさを追求した。一見、華奢(きゃしゃ)なストラップサンダルだが、低反発クッションのインソールや膨らみのあるストラップを使っているので、足を柔らかくサポートしてくれる。

 ブランド名は木材などから「削り出した」という意味の英語。履き心地を追求するために時間をかけて木型を作る姿勢がブランド名に表れている。また、スマートフォンで商品を見る人が増えるなか、インパクトのある直線的な字面にもフォーカスしたという。

 すべて国内生産。完全受注生産で、卸のみで販売する。無駄をなくすために生産は必要な数のみ。安定した物作りのサイクルを構築する。価格は2万7000~4万円。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング